そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

やはり辿り着く先はファン(リピーター)なのですよ。

SEOやってもどうせ小手先のアクセスだよね。長い目で見るとファン大事ということがわかりますよ。ほんま。

 

brimley3.hatenablog.com

映画の爆発的ヒットはリピーターで決まるようなもんだし。それとは微妙に違うがネットの世界も。ヤフーのようなポータルサイトは「人が人を呼ぶ」状態やし。

 

【ポータルサイト】Yahoo!の魅力を改めておさらい!|アイミツ

Yahoo!の大きな特徴は、あらゆるジャンルの情報をまとめてチェックできるところです。
特にニュースサイトとして日常使いしているユーザーが多く、毎日膨大な数のニュースを提供するコンテンツは月に152億(2016年8月時点)ものアクセス数を誇ります。

自分はYahoo!ってネット界の『ドン.キホーテだと思っとります。ごちゃごちゃ感はあるものの理路整然に陳列されていて痒い所に手が届くというか。

 

windows機を買うとデフォルトで『Yahoo!japan』に繋がるというのも大きいよね。だからヤフーはシェア日本一なんです(これホント)。ネット中級者くらいになると検索するだけならゴチャゴチャ感のあるヤフーよりもグーグルに繋げちゃいますね。

 

おばあちゃんのPCをネット立ち上げるとグーグルに行くように設定したら「もとのヤフーに戻せ」と言われたという記事も見かけ。そんだけインプリンティング(刷り込み)されてるんですね。すごいぞビル・ゲイツ

 

で、まぁそれはそれとして。ウチのブログ、検索経由は「グーグル」「ヤフー」が揺ぎ無くトップに君臨しとりまして。そのほかに「はてなブログ」「twitter」「Bing」がそれぞれ4、3、1%というとてつもなくしょぼい数字でありまして。

 

1%になっちゃうと数日で消えちゃう運命なのですが何故かBing頑張ってるなぁ。「はてなブログ タグ」「docomo検索」経由消えちゃったなぁ。

 

でもね。2か所もアクセス元が無くなったら当然のようにアクセスもガクンと落ちる筈なのに最近はそんなに変わらんのですよ(微妙には変ってると思うが)。きっとリピーターさんが読んでくれてるのね。あざーす。もっとびっくりしたのが読者登録が減ったはずなのに平常運転ということ。

 

これは素晴らしいことです。というか「返報性の原理」というのは心理的にはわかるがお返し読者登録はしたくないのだよ。読みもしないのに読者になったって失礼になるし。ダッシュボード満杯になるし。ただでさえ忙しくて全ての登録ブログなんて読めないんだから。

 

ブログランキング等の「応援ぽちお願いします」はモチベーション上げたいんだなというのはわかるが「ポチしましたー」とわざわざ書くのは「私がぽちっと押してあげたんだから今度はあなたがウチに来てポチしてね」という暗黙の了解だとか。なにこれキモい。下手すりゃコメントが「ポチしました」だらけなブログ見かけたこともアリ。

 

そこまで慣れ合っちゃもはや互助会やん・・

 

そういうのが嫌で☆も付けないし(☆のコミュニケーションは認めてはいる)アクセス底辺なのも否めないし。そんな体たらくなブログだったのですが。『おすすめブログ』に掲載(といってもトップページの「注目」ではなく「トピック」ですが)されたのが呼び水になったのか微妙にアクセスが伸び。

 

まだまだアクセスの壁は越えられないが大丈夫さ。

 

 

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです(by『魔女の宅急便』)

1位はあの名コピー! 宮崎駿監督作品、みんなが好きだったキャッチコピーは? | マイナビニュース