読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

ネットに距離を置くようになって少しだけわかったこと。

なんか今までのような情熱はなくなってしまったのですね。毎日アクセス解析チェックしてたのに。一旦更新滞ると「もうどうでもいいや」感がふつふつと(汗)。

 

それで自分の中でちょっと変わったことなぞつらつらと。

 

はてなブックマーク

自分の後にコメントつくのがはてブの醍醐味だと思ってました。特に初期の頃にブクマしたらそれ以降にたくさんブクマ付いたというのが嬉しい。そんなにないけどね。ま、だいたい沢山ブクマされるのが痛ニューなどの2ちゃんまとめ。それが最近は読者登録した人のだけしかブクマしないという体たらく。どんどん濃くなる濃くなる。

 

互助会うんぬんも結局は読者。

あざなわさんも「飽きた」と書いてた互助会。「互助会だってオケラだってアメンボだって♪みんなみんな生きているんだ友達なんだ♪」というわけで。更新するとダッシュボード内で表示されるわけだから読者の飛びつきが半端ない。久しぶりに更新したら☆がたくさんつきました。互助会どーのこーの言う人たちは「とても素晴らしいです」という太鼓持ちみたいなブコメが嫌なだけなんだ。だから☆だけだと問題ナッシング。

 

はてブは身内で回ってる。

身内(同一ブログサービス)で回っていると思うのです。はてなid取得しないとブクマできないしね。考えてみたらはてなは「濃い濃い」時代から今のハイブリッド化したはてブロとあまり大差ないように思う。新人さんがやたら多くなって新たな文化を築こうとしているだけ。根本的には変わらない。はてダ時代の「濃ゆさ」がはてブロに進化しただけ。濃ゆいことには変わりない。

 

でもそういうの好き。

こんなちっぽけな自分のブログにも☆つけてくれたりたまにブクマしてくれるだけでもありがたい。ウサギって寂しいと死んじゃうんだよ。濃ゆさ爆発してもいいじゃないの。

 

 

そんな濃い濃いワールドより僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ