読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

記事を書いたら出来るだけ早く更新したほうがいいネタ。そうじゃないネタ。

ブログ論もどき


鉄は熱いうちに打て!アイデアは早く形にしないと冷めていく - AIUEO Lab2

メールでも機会を逃すと「もういいや・・」となっちゃうしなぁ。みんなそういうもんじゃない?テンション高めの時はスラスラと書けるというのはわかるなぁ。

 

基本的に記事書いたらすぐにうpしたほうがいいというのはあんまりないと思う。検索されるし。自分は気まぐれ更新だし日記ブログじゃないし「出来るだけ早く更新しなきゃ」と焦ったりもしないのですが。それに記事書いてすぐに一発ポンで更新すると誤字脱字多くて赤っ恥・・なんてこともあるしね。

 

そんな自分が「これは出来るだけ早く更新したほうがいいのでは?」というのをピックアップ。

 

はてブ狙いなネタ。

別に狙っているわけではないがブログ論やぷち炎上案件などは言及する人多いですね。はてブロはトラバできない仕様なんで言及だけだが。「自分も」「自分も」みたいな。これも旬な時期があってタイミング逃すと「なにそれ今頃。恥ずかしい」てな風に思われるんですよ。ホッテントリ入りしたブクマが多い記事がそういうの群がりやすいですね。

 

時事ネタ。

事故や災害もそうだけどスポーツなどもそうですねー。あと芸能人のおめでたとか。当日、翌日はダメでも2、3日以内には更新しなきゃね。芸能ネタは1年経ってうpしても「なんだそりゃ」みたいなもんでしょう。芸能ネタじゃなくともそんなに経ってたらダメだべw。

 

テレビネタ。

これも「今が旬」てな感じですか。特に連ドラの感想は遅くとも2、3日後ぐらいがちょうどいいんじゃないかな。1週間後じゃ遅すぎるよねw。ドラマに限らずバラエティ番組の感想もあんまり日にちが経つと「どーでもいいや」感が強くなりますからね。

 

そんなに早くなくてもいいネタ。

レビュー物ですか。映画は公開期間が長いし(1週間で終了してしまう作品もあるけどね)公開終了してもDVD化されちゃうんで感想をすぐにうpしなくともいいかも。それと書評も意外と「読んだらすぐに書かなきゃ」という程でもないかもしれない。ま、今が旬な本もあるけど小説なんかは絶版にならない限りは大丈夫だしね。

 

ブログ論、サイト論。

アクセスアップなんてブロガーにとっては永遠のテーマかとw。「たった数日でアクセスを倍に増やした」等いろんな記事ありますがよく読むとかなり被っている部分あるんですよね。でもブクマされたりして人気あるんだよなぁ。

 

 

そんな更新より僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ