そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

グッド・ウィル・ハンティング。

君から学ぶことは何もない。君の言うことは全部本に書いてある。

人々は変な癖を欠点というけれど違うんだ。いいことなんだよ。

言えるなら言って「愛していない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ。

 

coco.to

もう名言の宝庫やぁ。ロビン・ウィリアムズは中盤から登場しますが映画自体締まったような感じですた。この作品と『今を生きる』はロビンの独壇場やね。毛むくじゃらで熊みたいな体型なのに優しい眼差し。癒されるぅ~。

 

つかロビン、どうして自殺しちゃったんだよォォ(汗)。申し訳ないけどトニー・スコットの自殺よりもショックだった。

 

www.huffingtonpost.jp

・゜・(ノД`)・゜・

 

★★

 

映画の話に戻しましょう。この作品ってガス・ヴァン・サント監督だったのね。この監督独特の映像美を予想してたら見事に肩透かし。普通でしたな。脚本が非常によくできているんだけどウィル(マット・ジミー大西・デイモン)が喧嘩するシーンは要らないと思ったな。そのぶん、ショーン(ロビン・ウィリアムズ)との心の交流を増やして欲しかったしウィルは過去のトラウマから問題児になったという設定だけど。

 

あれじゃむしゃくしゃするので誰でもいいからぶん殴るジャイアンと全く変わらん。

 

音楽はダニー・エルフマンですか。結構ええ仕事するのね。彼も「ジブリ作品の音楽で本領発揮する久石譲と同じようにバートン作品で本領発揮するのね」と思ったな。

 

ウィルの親友役であるベンアフが(この場合、「も」か)若い。興行的に当たり外れの多い俳優さんなんだね。個人的には『ゴーン・ガール』(2014年)のダメダメ亭主が好きだなぁ。

 

coco映画レビューではそんなマイナス要因があるので「普通」評価しちゃったが。結構ファンが多い作品なのね。この作品で当時無名だったマット・デイモンが注目を浴びたのかぁ。今やベンアフも大スターやしね。

 

 

ウィル・ハンティングが主役なので『グッド・ウィル・ハンティング』なのね。タイトルロールは良かったな。