読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

「エンタメ」カテゴリに登録されてわかったいくつかのこと。

たまーにブクマされる程度なウチのブログ。ブクマされてもほとんどが「ブログ論もどき」というカオス状態。すごく希に映画レビューもブクマされますが自分でもびっくりするくらいなんですな。

 

はてブ経由」は普通1パーセントなのに最近は5パーセントに。なんでかなぁ?とアクセス元を調べたらホッテントリにこないだの『ラ・ラ・ランド』レビューが。たまーにホッテントリ入りしても自分の記事にたどり着けない(なぜなら流れてしまうから。これがtwitterのタイムラインと微妙に似ている点)のですがこれは自分の記事が確認できる。トップページ(総合)じゃないしね。

 

それで。アクセス元をよくよく見たらラ・ラ・ランド』特集だったのです。こんな偶然、ちょっとビックリ(狙ってたわけではないので)。

 

さすが特集だけありタイトルに総て『ラ・ラ・ランド』。それにほとんどのレビューがポスターの画像使ってるのでアイキャッチはミアとセブのダンスだらけ。アイキャッチがないと却って目立つかもね(自分もそう。画像貼ればよかったんだけどめんどくさくてw)。

 

はてなブックマークの「エンタメ」カテゴリに登録されてたんで。はじめての「エンタメ」じゃないのかな(カテゴリは任意で変えることできるけど流石に「政治・経済」じゃないしw)。エンタメだったかどうか忘れたけど映画レビューもココ最近になってブクマされるようになったんですよ。

 

brimley3.hatenablog.com

これがいちばんブクマ集めたかな。『ターミネーター』レビューよりも人気あるんでビックリ。

 

それはそれとしてですね。「エンタメ」カテゴリになってわかったことをつらつら書いてみるざんす。では、いってみよー(゚Д゚)ノ

 

バランスが取れてるなぁ。 

検索からtwitter集客までまんべんなくというのではなく。やはり検索は大手(google、ヤフー)のみ。たまにbing(大手なのに頑張れよ)。あと侮れないのはスマホ検索ですかね(ま、スマホgoogle検索も有りだが)。でもtwitterは0なんです。面白いことにはてブロ、はてブ経由がそんなにないときにtwitterはあるんですね。自分だけかもしれんが。

 

アクセス的には・・。

読者はたぶんこれが気になるのだと思うけど。自分も「アクセスうはうはだぜー」とほくそ笑んでたのですよ。でも蓋を開けたらアクセスだだ下がり。なぜじゃー(´Д` )

 

思うに「特集だったんで競合多すぎたのかな?」と。

右を見ても左を向いても『ラ・ラ・ランド』ですからね。それに自分のレビューはセルクマしてやっと4usersやしね。この記事よりも次に書いたほうが力入ってたのになぁ。

 

とにかく自分は「検索だのみ(頼り?)」だということはわかった。

ま、信者(読者)が120をやっと超えたくらいやしね。ほんとうに牛歩並みでびっくりポンや(もう死語?)。最近は「自分が読者になったからこんどはあなたが読者になってよね」という返報性の原理ムンムンなのがなくなったから良しとするか(読者が増えては減るのサイクル早すぎてたので)。

 

 

こんなもんかな。

そんなエンタメより僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ