読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

矢口監督は(良い意味で)鬼畜だった『サバイバルファミリー』。

「お父さんはそういう人なの!」お父さんダメ出しくらっちゃいましたw。そんな感じのコメディかと思いきや。なかなか考えさせられるシーンもあり。( `・ω・) ウーム…

 

coco.to

まぁまぁな満足度。「フジの番宣よくやるよなぁ。小日向さん出まくりだし・・」と思ったらフジが絡んでやったか(やはり)。そういや『世界まる見えテレビ』でも小日向さんゲスト出演してたけど日テレとフジはお友達関係にあるしな。

 

それはそれとして。矢口監督鬼畜説。本当に良い意味で鬼畜やわぁw。

 

ライフラインが絶たれるのはファンタジーだから許すけど。

ファンタジーやない。デザスタームービーや(それも微妙に違うか)。電気、ガス、水道がある日突然止まるという設定は許せても電池ぐらい使えるようにしようぜ。矢口監督よぉ。せめてバッテリーなくなるまで車走らせてくれよ!つか電池が切れるというのはわかるけど使えなくなるというのはどう考えても変でしょ。

 

小日向さんのヅラっぷりが卑怯や。

ああいうネタはお笑いだったら何回やっても許せるが。パゲの人をいぢめないで!

 

旅の途中で出会う爽やかイケメンずファミリーが卑怯や。

なんやかやあって自転車で鹿児島に向かう小日向ファミリー。疲労困憊の小日向ファミリーが出会うのはアウトドア大好きな時任三郎ファミリー。かたやヨレヨレでかたや爽やかな対比w。しかも母ちゃんが藤原紀香。ええのう。ああ、紀香バディになりたい(違)。つか母ちゃんが深津絵里でも充分自慢できるのに紀香は卑怯や。

 

ワンコの扱いが卑怯や。

これは致し方ないけど。やはり許せないw。ああ、生きるって大変。

 

脇キャラも結構豪華。

ちょい役過ぎて見逃したで。渡辺えり子最高や。大地康雄さんも似合ってるし。矢口作品は「ああ、この人は私生活でもこんな感じだよねー」みたいに配役するから好き。これと真逆なのは園子温監督だよな(ええ?でんでんが殺人鬼だとぉ・・みたいなw)。

 

 


「サバイバルファミリー」予告

 

結構好きです。小日向さんは主役はれない人だとばかり思ってました。

そんなサバイバルより僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ