読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

世界の中心でベイマックスの良さを叫んでもアナ雪の記録は超えない。

まだ公開中な作品であるにもかかわらず。もう断定w。

 


ディズニー映画 長編アニメ―ションの興行収入ランキング トップ10 【日本国内】 - NAVER まとめ

 

これによると。

  1. アナと雪の女王(254.6億円)
  2. ファインディング・ニモ(110.0億円)
  3. トイストーリー3(108.0億円)
  4. モンスターズ・インク(93.7億円)
  5. モンスターズ・ユニバーシティ(89.6億円)
  6. ベイマックス(75.7億円)
  7. Mr.インクレディブル(52.6億円)
  8. カールじいさんの空飛ぶ家(50.0億円)
  9. ダイナソー(49.0億円)
  10. アラジン(42.5億円)

 

では世界レベルではどうでしょうか。


ディズニー映画 長編アニメ―ションの興行収入ランキング トップ10 【世界編】 - NAVER まとめ

 

日本と被っているのは

 

 

しかも「アナ雪」「モンユニ」「インクレ」は日本と同じ順位(さすがに世界なんで収入は桁違いですがw)。それにしてもだ。アナ雪って世界レベルでもめっちゃヒットしてたんだね。

 

最高興行収入映画の一覧 - Wikipedia

この世界ランキング50位以内にディズニー作品も入っとるのですが。アニメではアナ雪のみ(5位)。これはすごい。

 

では何故に穴の多い脚本であったにもかかわらずアナ雪は大ヒットしたのでしょうか?興行収入ランキング5位となった決め手はなんでしょうか?

 

決め手は「リピーター」。

タイタニックの記録を超えた!とニュースにもなったのですが。たぶん日本国内なのでしょうね(さきほどのwikiでは1位アバター、2位タイタニックだもの。キャメロンを超えるのはキャメロンしかいないな)。それはそれとして。タイタニックと同じようにリピーターがたくさんいるということが記録を塗り替えた一因かと。それにロングランだったしね(ベイマックス公開してんのにアナ雪やってる映画館あるし)。

 

決め手は「テレビ」。

クチコミは普通なんで沢山の人がtwitter等のSNSで書き込みすればヒットしますよね。でもアナ雪はそれに拍車をかけた凄さだった。何故?自分はテレビでニュースになったからだと思うのです。ポータルサイトのネットニュースもありますが興味ある人しか見ないわけで。それがテレビだと「記録更新です!」と流し見程度でも知ってもらえるわけだ。「そんなに凄いなら見てみようか」と興味持つ人も増えたのではないかと。

 

決め手は「YouTube」。

ようつべって著作権無視しまくりで有名なんだけどねw。ディズニーは太っ腹でキャラのバッタもんを売り出すとか悪質なことではない限り黙認してますな。流石でずにー。大抵の企業は「著作権無視だ!」と削除要請しちゃうんだけどディズニーはパクられようがネタにされようが気にしてませんな(器が大きい?)。それが宣伝にもなるしねw。パロディも含めてディズニーではアナ雪の動画が一番多いんじゃないかな。バズマーケティングというやつね。

 

 

最近ではアニメの実写版がヒットしまくりだし今や「飛ぶ鳥を落とす勢い」ですな。ねずみ王国が安泰なわけだわ。

そんなディズニーより僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ