読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことより僕と踊りませんか?

例えば良い物語があってそれを伝える相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(by『海の上のピアニスト』)

確かにブログは更新が命だけど。毎日更新のメリット、デメリット。

この手の話題もたまーに湧いてきますねw。

ブログは更新が命です。これホント。つかサブブログ(seesaa)では大人の事情でシュウイチ更新みたいな感じに。大人の事情というか単にリファラスパムにうんざりして更新しなくなっただけなんですが(汗)。

 

そんなこたぁどーでもいいのですがね。

結論から言うと。

毎日更新しようがしまいがそんなのどっちでもええねん。好きなようにやったらええ。いいじゃないのしあわせならば(byさがら)。

 

毎日更新する?しない?自分にとっての「ブログ」の立ち位置とは - ぐるりみち。

 

「ブログは毎日更新せよ」というのは、“ブログ入門”的なまとめ記事や、ハウツー本などでよく目にする文言です。

 全くもってその通り!更新頻度の高い、アクティブなページでないとSEOで不利だし、読者にも覚えてもらえない!広告収入の導線となる記事数も増やせない!ブログの「価値」を高め、「自己実現」を果さんとするならば、ブログは欠かさず更新すべし!

 まあ、「目的によりけり」なんですが。

 プロブロガーのコグレマサト氏も自称プロブロガーのイケなんとかさんも「毎日更新」を謳ってますね。どちらも「毎日更新しないと気持ち悪い」そうでw。というかコグレマサトさんは「たまに更新すると力が入ってアレだ」みたいなことを言ってますが。ま、人それぞれだしね。

 

それでは自分が考える「毎日更新のメリット、デメリット」をいってみましょう。

 

★★ メリット

 

自信が持てる。モチベーションにつながる。

「僕にもできた」「やれば出来るじゃん、自分」というところですか。seoやアクセスアップよりも「こんな自分を褒めてあげたい」というのが大きいんじゃないでしょうか。たいてい1年以上も続ければ信者も出来ますから「どんなもんだい<(`^´)>」記事を書けば「凄いですね~」とコメント付きますよ(知らないけど)。そしたらますますモチベーションは上がりますね。

 

SEOに最も良い。

毎日更新してますからね。グーグルbotもよく来るしインデックスされまくり。いまやほとんどの検索エンジンはグーグル先生を採用してますからね。まさにgoogleを制す者は世界を制すなりw。それに宝石箱のようにキーワードが沢山ありますからね。これは強みかと。

 

おのづとアクセスアップにつながる。

これは言わずもがな。それに毎日更新してると信者もつきやすくなるのではないのかな。だって毎日新しい情報が入るわけだしね。たとえ日記だとしてもその人の情報なんだし。人が人を呼ぶのでアクセスアップ間違いなし。

 

 

★★ デメリット

 

ネタが続かない。

これが一番多いのではないでしょうか?そりゃそうだよ。いくら「毎日更新する!俺はブログ王になる!」と鼻息荒くしても都合というものがありますし。「ちょっと今日は気分が乗らないや」というのもあるのでは。だってにんげんだもの(byみつを)。それに無理やり書いてると読者も気づくものなんですよ。

 

必死感パンパない。

「一年の計は元旦にあり」といって「ブログ毎日更新だー」という人もいると思います。そういうのに限って「明日やる」と先延ばしになっちゃったりしてw。縛るのはアレだなぁ。それに毎日だと質が劣化しちゃうしね。たしかにコグレマサトさんのようなプロブロガーになりたいとは思うが質が良い記事を毎日書くというのは至難の業なのです。いいじゃないか普通のブロガーだって。

 

RSSリーダーに登録されにくい?

どこのブログか忘れたが「毎日更新しているとfeed登録されづらい」という事が書いてあり。そういえば来れば必ず新しい記事が読めるんだからわざわざ登録する必要ないわな・・と思い。それに登録したとしてちょっと都合ができて数日あけたらものすごいことになっているかもしれないしw。たまに更新するから「お知らせ」程度に登録してるんだし。毎日来ると全部読めきれないし。それにRSS フィード メーター - ランキングで調べてみたら毎日更新も多かったけど週に数回もありましたよ。

 

 

 

ま、好きなように更新したらええねん。ようはブレない記事であればええんや。

そんな毎日更新より僕と踊りませんか?

ではまた( ´ ▽ ` )ノ